<< ガラクタを楽しむ | main | ぷらりと気軽に「霞が関」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
10年前のエコキャンペーン
JUGEMテーマ:エコイベント

先日、ようやく直りました。
今年の2月、東京都杉並区の骨とう屋さんで買ったモノ。
約5ヶ月間の修理。

それは、ちょっと大きいサイズのモノだったので、
骨とう屋さんの入口から顔を出していました。
RIMG0108.JPG

それは、自転車!

骨とう屋さんに行ったとき、なんで骨とう屋さんに自転車があるの??
と思いながら、まじまじと見ると。。
RIMG0135.JPG

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)の文字。

後輪を見て見ると。。
RIMG0145.JPG

大きなお皿のようなものが付いている。

ハンドルの下の方には、
RIMG0138.JPG

充電の量を示すランプが。

この自転車、ちょっとだけレトロな「電動ベンツ自転車」だったんです!

今から10年くらい前に、
メルセデス・ベンツが「エコ・キャンペーン」として販売した電動自転車。

その名も「Hybrid Bike(ハイブリッド・バイク)」。
RIMG0177.JPG

電気と人力のハイブリッドですね(笑)
日本で売られた台数も少なかったようです。

当時の販売価格は30万円弱。
それを中古で、ママチャリが買えるくらいの値段で買いました!

この電動ベンツ自転車、
RIMG0116.JPG

ハンドルがお気に入り。
フィットネスクラブにあるエアロバイクのような形状。

バイクの部品メーカー「SACHS」が製造しただけあって、
RIMG0158.JPG

後輪のブレーキは油圧式。

チェーンではなく、
RIMG0161.JPG

ベルト式。

さらに、ライトを発電するダイナモが、RIMG0125.JPG

前輪ではなく、後輪に。

ただし、中古で安かっただけあって、たいへんなことも。。

3段変速のギアがうまく動かない。
RIMG0140.JPG

いろいろな自転車屋さんに聞いてみましたが、
見たことがない自転車なので、修理は難しいとのこと。。

そんな中、「熱い」自転車屋さんを発見!

東京・日本橋にある「LORO SLOW SPOT(ローロ スロースポット」さん。
この自転車が珍しいモノだったらしく、よろこんで修理を受けていただきました!

しかし、なかなか思うように修理が進まず。。
修理途中で、「もうこれ以上は無理です」と言われてもおかしくない状況。

それを試行錯誤を繰り返しながら、最後はしっかり直してしまう、
その自転車屋さんのプロ意識、ものすごく感じました!

ほんとにありがとうございました!

この自転車を買った後に、
RIMG0122.JPG

ミシュランの太いタイヤから、
コンチネンタル(ドイツ製)の細めのタイヤに交換。

前輪には、
RIMG0120.JPG

ヨーロッパの自転車っぽく、かなり大きなカゴを付けました。
このかなり大きなカゴ、海外では
メッセンジャー(自転車便)やピザ屋さんの自転車で使われているようです。

修理に5ヶ月もかかりましたが、珍しい自転車を手に入れることができ、
そして、親切な熱い自転車屋さんに出会うことができ、大満足!

ちなみに、この自転車の撮影場所、
RIMG0149.JPG

皇居の「桜田門」の前なんです。

ついでに、皇居のお堀もパシャッ!
RIMG0151.JPG


このブログは昭和レトロなギャラリービルから発信中 → ギャラリービルはこちら
カテゴリ:エコ | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 16:58 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gallerykantei.jugem.jp/trackback/35
トラックバック